« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月23日 (土)

ポストモダンとは何だったのか

 浅田彰が「構造と力」で鮮烈デビューを遂げ、ポストモダン思想が一世を風靡した1983年。本書の最後では、筆者は今こそこの「83年の思想」から始めようと呼びかける。デリダ、フーコー、ドゥルーズ&ガタリ、レヴィ・ストロース、フロイト、ラカン、レヴィナスといった実存主義の後の構造主義、さらにはポスト構造主義の思想家たちを概括的に展望した後、浅田彰、柄谷行人、東浩紀といった日本の思想家を紹介する。こうして83年以降、現在に続く思想の潮流の地図を描いてみせる。理解できたとはとても言えない。むしろほとんど理解していないと言った方が正しい。それでも時代の空気の中で、これらの思想の雰囲気、匂いのようなものは分かった気がする。文中、「思想は・・・具体的な政治や経済の状況の中で培われてくる」(P44)という記述があった。まさに構造主義、そしてポストモダンは今の時代に生まれた思想なのかもしれない。

  • 人間は環境に適応するばかりの動物ではなく、現状を変えていく存在であり、思想は現状を変える規定性である。(P26)
  • 構造主義は、主体の自由な選択といった考えを批判する。われわれが自由な選択の結果だと思っていることが、じつは自分たちが意識していない「構造」によって決定されているとしたら?(P47)
  • 近代社会においては、自分が意識するとおりに行動する理性的人間こそが、社会を構成する単位となることができる。しかし実際には、意識は存在に規定され、無意識にひとは動かされてしまう。我々の意識と存在、思っていることと実際やっていることとは一致しない。(P65)
  • ある言葉の意味を話し手が勝手に決めることはできない。聞き手との同意が形成されて初めて両者の間にコミュニケーションが成り立つのである。ある言葉がある意味を持つ、そのような規則は個人の内面に最初からあるのではなく、個々のコミュニケーションの現場で事後的に見出されるに過ぎない。(P86)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

オシムがまだ語っていないこと

 オシム本、連続3冊。最後の本書がもっとも初心者向け。オシムがジェフの監督に就任して間もなく、朝日新聞スポーツ部のジェフ番に就任して依頼4年。オシムに密着して取材してきたその間の経験やエピソードを綴っている。とは言っても、今まで聞いたことがなかったというようなびっくり話は特にない。目新しいのは日本サッカー協会の田嶋幸三専務理事のインタビューくらいか。オシム代表監督の就任時やオシム初戦のトリニダードトバゴ戦(選手を当初わずか13名しか選出しなかった)前の協会とのやりとりなどは多少興味深い。
 最後に朝日新聞に掲載されたという連載コラム「オシムの提言」が収録されているが、それほど面白いとも思わなかった。独占インタビューも同様。次回、「サッカー批評」誌もオシム独占インタビューの掲載を予定していると予告されていたが、そちらの方が今から待ち遠しい。

  • 若い選手というのは良くない。でも、いないともっと良くない。(P23)
  • 誰かを「不要だ」などと言う人間は、いつか自分もそういう立場に陥るようになる。人生とはそういうものだ。その時、自分はどう感じるか、考えてみるがいい。(P75)
  • 私は、日本社会全体が、同じ考えで動いているのではないかと感じることがある。マスコミも含んだ社会全体が、同じやり方、同じ発想の中で競争している。そして、日本人以外も同じパターンで行動すると思いこみがちだ。(P180)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

サッカー批評35

 今号のサッカー批評は絶対に買い!なぜなら巻頭特集が川渕三郎インタビュー「僕自身は何も変わっていない」。「オシム失言」事件以降、川渕会長へ本音をぶつけたインタビュー記事はなかなか読むことができなかった。今回、1時間のインタビュー時間を得て、宇都宮徹壱氏が突撃インタビュー。あまり解説を加えず、インタビューの様子がそのまま掲載されている。これを読んで感じるのは、川渕氏が依然衰えず持ち続けるサッカーに対する情熱とリーダーシップ、アイデア。「こころのプロジェクト」や「グリーン・プロジェクト」、「都道府県フットボールセンター構想」などは、川渕氏でなければ発案もされず、やり遂げることもできないプロジェクトではないだろうかと思う。
 とは言っても、失言事件やジーコへの総括、解任デモへの対応などでは、妙に歯切れが良すぎる、というかとにかく逃げの一手で違和感が残る。本誌半ばに、木村元彦氏がモンテネグロ代表の現況を綴り、バルカン諸国と日本の架け橋となり先日亡くなった田中一生氏への追悼を伝える記事「小国の大きな一歩」があるが、その記事に続いて木村氏が特に1ページを割いて「『日本サッカー協会のコンプライアンスへの取り組み」を読んで」という日本サッカー協会への批判記事を書いている。川渕会長へのインタビューの申し入れが受けてもらえない状況を批判したものだが、これと冒頭のインタビューを読み合わせると、日本サッカー協会のスタンスが透けて見えるようで興味深い。
 さて、今号の特集は「オシム改革の未来」。川渕会長へのインタビューだけでなく、A代表を除く各年代の代表監督、すなわち、反町(U-22)、吉田(U-20)、城福(U-17)へのインタビューや小野剛強化委員長、山本佳司野洲高校監督を迎えての座談会、さらには遠藤保仁へのインタビューなど、「日本化計画」に向けた取り組みや考え方を多方面から取材掲載しており、内容的には多少濃淡はあるものの、そこそこ面白い。
 その他にも、「47年前の『改革』」ではクラマーと始まった日本代表強化の歴史を追い、「海を越えてきたフットボーラー」はピエール・リトバルスキーの特集、引退選手を追う「Hard after Hared」では礒貝洋光、さらに短期連載「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」では羽中田昌と、どの記事も興味深い選手たちを取り上げており、見逃せない。

  • 強豪とは言えない日本が世界に限りなく近づくためには、定めた方向性を見失わず、愚直なほどに継続することが重要だ(P006)
  • だいたい、ワールドカップで負けたから責任を取って辞めるなんて会長は、世界中どこを探したっていない。代表チームが協会の全てではない。むしろ、その他の仕事の方が多いわけだから。(P010)
  • ますますサッカーに対して純粋になっていますよ。・・・僕自身は何も変わっていない。それこそJリーグを始めた頃からまったく変わっていないよ。(P017)
  • 本当にみんながこのサッカーはおもしろい、このサッカーをやりたいと、もし思うことができて、それに関してグッと一つの方向性ができたら、それこそが日本のスタイルということに関しては一番の成功と言えるんじゃないですかね。(P023)
  • 他の国では、いかに生き残るか、という教育を施されていく。でも日本は違う。いかに周囲とバランスを取るかを強調される。・・・みんなと調和して生きていくことばかりを教えられてきた子供が18歳でプロになったからといって、突然エゴイスティックになれるものではない。(P094)
  • サッカーがますます巨大なビジネスになって一見ますます隆盛を極めているように見える一方で、その暗黒面もまた隠しようのないほどに肥大化して、そこの群がる有象無象も目に見えるようになってきてる。サッカーファンではなくサッカー利権ファンの群れだ。(P113)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

オシムジャパンよ!

 トルシエと言えば言わずと知れたジーコの前の日本代表監督。ドイツ・ワールドカップの前後にも来日して、バラエティ番組やサッカー番組にゲスト出演していたが、今でも日本代表の動向は注目を持って見ていると言う。何より、トルシエが育て共に戦ったメンバーがジーコジャパンでは主戦力となり、今もその何人かは海外組として、特別な存在となっている。本書は、そのトルシエが語るジーコジャパン論、オシムジャパン論、そして今後の日本代表強化への提言で構成されている。
 巻末に、「取材・構成 田村修一」と記されている。フィリップ・トルシエ著とあるが、トルシエ自身が日本語をここまで自由に操れるわけもなく、訳者もいないことから、たぶんトルシエと懇意な田村修一氏がトルシエから聞きだした話を構成し、トルシエ本人と調整のうえ発行したものだろう。
 ジーコジャパンについては、過剰なジーコ批判に陥ることなく、自分との監督観の違いといったタッチで書かれている。ディテールが苦戦を強い、選手のメンタリティが敗戦という結果を導いたと分析する。中田との関係を回想した部分も興味深い。
 オシムについては、親近感を抱くし、やろうとしていることもわかる、とした上で、まだ成長過程だとして批評を留保しつつ、オシムがまだ取り組んでいない、今後取り組むであろう方向をいくつか指摘している。オシムのサッカーを「ダイレクトでスピーディーなサッカー、縦に深いプレースタイル」(P144)と表現している点もオシムジャパンの捉え方として興味深い。
 さて、今後、オシムジャパンはトルシエのいうとおり進化していくのか、それとも違う進化を遂げるのか。これからが楽しみだ。

  • 私も中田にはある距離を感じた。・・・言葉をかける際には多少の緊張を要した。(P056)
  • 一般的にいってダイレクトプレーには創造性の概念が欠けている。ダイレクトな縦のサッカーに必要なのは、コレクティブなオートマティズムであり、共通認識であるからだ。・・・だが、違いを作り出すのは選手個々の力である。それはオシムジャパンにおいても変わりはない。(P113)
  • ただしオシムには自信があった。・・・彼のスタイルが日本人のメンタリティに合っていること-オシムと日本との間には相互浸透があり、どちらも相手に同調しやすいことを、彼はジェフを指揮していたときにすでに確信していた。(P144)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

東京ミッドタウン+・・・

 地下鉄千代田線乃木坂駅から、いかにも東京らしい雑然とした外苑東通りの街並みを歩いていくと、東京ミッドタウンの超高層棟・ミッドタウンタワーが見えてくる。先日見た六本木ヒルズの森タワーとはかなり印象が違う。高さ248mと森タワーを10mもオーバーしているとは思えない。細かく分節化されたデザインが周囲への威圧感を感じさせない。

 続きは、(遊)OZAKI組 建築アルバムからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

東京漫歩・丸の内界隈

 久し振りの東京。お昼前に着いて、少し時間があったので、丸ビル、新丸ビルから始まるしばしの丸の内漫歩。/地下街から丸ビルに入り、新丸ビルの外観を眺める。/地下道を渡り、新丸ビルの地下で食事。地上階に出ると、雨だった。北隣の日本工業倶楽部会館をしばし眺める。正面頭部に乗った軒上の彫刻が美しい。

 続きは、(遊)OZAKI組 まちなみ・あれこれからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊田市駅前通り南地区再開発「コモ・スクエア」

 名鉄豊田市駅東口の再開発ビルがまた一つその姿を現した。豊田市駅前通り南地区市街地再開発事業、愛称「COMO square」。駅前広場南側の図書館やコンサートホールなどが入る「豊田市民センター・参合館」に続いて、駅前通りの南側に並ぶすっきりとしたモダンな建物だ。

 続きは、(遊)OZAKI組 まちづくり・あれこれからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

少子社会日本

 副題は「もうひとつの格差のゆくえ」。少子社会の主な原因を、「(1)「若者男性の収入の不安定化」と(2)「パラサイト・シングル現象」の合わせ技(交互作用)」(P10)と指摘し、以下、その根拠を各種の調査結果等を用いて説明する。
 「結婚生活、子育てへの期待水準」、すなわち最低でもどの程度の生活を営みたいかという水準と、「二人が将来稼ぎ出せる所得水準の将来見通し」とのバランスが出生力をほぼ規定するというイースタリン仮説(P70)によれば、収入の不安定化に対して、自分自身が高度成長期に子供部屋や塾通いなどある程度満足のいく成長をしてきたゆえに、また、親と同居して年に何度も海外旅行へ行くなどの生活を当たり前としてきたゆえに、子どもには自分よりも悪い生活をさせたくない、自分自身もいまより生活水準を下げたくない、という気持ちから、期待水準は高止まりのままでいる。このことが日本の少子化の原因であるという。
 欧米等では、成人した子供は親から独立することが当たり前であり、2番目の要因が働かず、かえって不安定な経済状況下では、一人より二人で生活する方が経済的にも安定することから、結婚への誘因にさえなるという。
 けっして結婚したくないわけではない、結婚すれば2名以上の子どもをつくりたい。まさに柳沢厚労大臣の言う健全な意識の元にいるにも関わらず、出生率は一貫して減少していく。最近発表された合計特殊出生率は久し振りに前年を上回り1.32を記録したが、団塊ジュニアの世代が出産時期を過ぎる数年後には、出生数は大幅にダウンせざるを得ない。少子化対策はもう待ったなしで実施せざるを得ない状況だ。だが、今、政府などが取り組んでいる女性の職場環境の整備などは、正社員になれた一部の高キャリア女性に対する対策であって、晩婚化、未婚化の原因となっているほとんどの非正規雇用、フリーターの未婚女性には助けにならない。その間にも不安定雇用ゆえに結婚できない若者男性が放置されている。
 少子化対策として、(1)全ての若者に、希望が持てる職につけ、将来にわたって安定した収入が得られる見通しを与えること。(2)どんな経済状況の親の元に生まれても、子どもが一定水準の教育が受けられ、大人になることを保証すること。(3)格差社会に対応した男女共同参画を進めること。(4)若者にコミュニケーション力をつける機会を提供すること。(P208)の4つが提言されているが、これらを確実に実施する方向へ日本の政治の舵取りを切らないと、日本の将来はない。「子供は母乳で育てろ」なんて言ってる場合ではない。科学的かつ果断な政策の実施が望まれる。

  • 私は、経済的意味、情緒的意味の双方を含める形で、家族を、「自分を心配してくれる存在」かつ「自分を必要としてくれる存在」と言い換えて使っている。(P50)
  • よく、近代化によって個人主義が浸透したと言われる。だが、それは、個人が「長期的に信頼できる関係」を必要としなくなったことを意味しない。・・・長期的に信頼できる関係を「個人的に」作らなければならない社会になったのである。それは、多くの人にとっては、昔のような共同体や宗教集団ではなく、家族を作ることによって達成される。(P50)
  • 若者は、リッチな生活を営むために親にパラサイトするというよりも、パラサイトしなくては暮らしていけない状況に追い込まれたのである。親が政府に代わって、若者の社会保障を行っているようなものである。(P136)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

官僚とメディア

 藤田東吾の書いた「耐震偽装-月に響く笛」でも、耐震偽装事件を混迷化したのは官僚とメディアであるという主張が繰り返されているが、本書はまさに「官僚とメディア」の腐敗を指弾する書である。著者の魚住氏が元共同通信記者だったこともあり、メディアへの批判が鋭いが、批判の内容はメディアの批判精神の後退と官僚組織との馴れ合いである。
 全8章のうち、第3章と第4章は耐震偽装事件が取り上げられている。そしてその取材の結果得た結論は、専門家の目から見ても、かなり正しい。すなわち、ディベロッパーのヒューザー、ゼネコンの木村建設、コンサルタントの総研の「悪のトライアングル」が事件を引き起こしたのではなく、姉歯の単独犯行であり、みんなが姉歯に騙されていた。建築専門家と称する人々の専門性はこの程度であり、それが実態だということ。しかも、それをある程度わかっているにも関わらず(国交省の役人自体が建築構造を理解できる人は皆無のはず)、民間開放と限界耐力法の導入によって破綻した建築確認システムを擁護し、あまつさえ強化しようとしている。本来責任を負うべき国交省は、いっさい傷つくことなく生き残り、その代わりに差し出されたのが藤田であり、悪のトライアングルの面々だった。こうした分析は、耐震偽装事件の本質をかなりのところまで突いている。
 その他、ライブドア事件やNHKの従軍慰安婦報道に係る朝日新聞報道事件、最高裁と電通、共同通信、地方新聞社等の癒着によるタウンミーティングのサクラ動員事件などの背景を描きつつ、近年次々と明るみに出る官僚や検察、裁判所などの権力側とメディアとの癒着と腐敗の状況を示し、問題を提起する。明晰で痛快だが、暗い気持ちにもなる。そういえば「きっこの日記」でも、安部総理が窮地に陥ると北朝鮮からミサイルが飛んでくる、といった皮肉が書き込まれていた。この国はいったいどうなっていくのか。

  • 当時の私は明らかに自分の属する組織と馴れ合い、その組織の論理を自分のなかに取り込もうとしていた。・・・つまり組織のなかで中心となって仕事をする心地よさに酔っていたのである。(P42)
  • 今回の事件は、勉強不足のあほな建築士がきちんと検討されている合理的な設計の結果を真似しただけです。・・・篠塚が犯した過ちは、十分な経験や実績を持たない姉歯に中山並みの能力を要求したことだったのではないだろうか。(P80)
  • 彼ら新聞記者たちは政官界の随所に濃密な人間関係を設けて食い込み、情報を物々交換することで、あるいは情報を通貨のように利用することで密着度を高めながら、実態としては情報提供者・情報幕僚として振る舞い、時としては政治ブローカーのごとき役割をも果たしていたという。(P127)
  • 90年代半ばから、司法官僚の驕りとポピュリズムがないまぜになった国策捜査が本格化した。・・・捜査の目的は破綻の原因と責任の所在を明らかにすることではない。国民の前に”生贄のヒツジ”を差し出すことである。(P143)
  • そもそも報道とは・・・情報という商品を不特定多数の消費者に売る仕事に過ぎない。そして、その商品の原料である一次情報の約7割は、官庁もしくはそれに準じる機構からただで提供されるものだ。(P172)
  • 管理を強化し、効率化を追求すればするほど組織はガタガタになる。(P177)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 3日 (日)

大正デモクラシー-シリーズ日本近現代史(4)

 大正デモクラシーと聞いて竹久夢二を思い、モボ・モガが銀座を闊歩する姿を思い浮かべるのは、全く日本の政治史を理解していなかったことを改めて思い知る。デモクラシーの言葉があるとおり、まさに民主主義に係る政治的な潮流を指す。ただし、当時の代表的な政治学者、吉野作造はデモクラシーに敢えて「民主主義」という言葉を被せず「民本主義」という。日露戦争の勝利で高揚した国民意識は、その国民が納得する政治、国民が参加する政治を要求する。しかし同時に帝国的意識も高揚している。すなわち「帝国デモクラシー」ということである。
 本書は、日露戦争後の国会を中心とした政治状況を追うとともに、普通選挙につながる成人男子(旦那衆、雑業層、無産層)と、そこからこぼれ落ちる女性や植民地住民らの姿、活動、考え方も追いかける。このことにより、大正デモクラシーの性格が鮮明に描かれてくる。もう一つの視点は、社会主義や無政府主義の動向だ。一方で、都市化の進展に伴う「遊民」の発生、受験と学生、主婦への自覚など、現在に通じる社会的構造がこの時期に芽生え始めている。近代日本の萌芽と言われる所以である。
 米騒動や関東大震災、昭和恐慌があり、原敬や浜口雄幸の暗殺などの事件もあるが、国民意識の中で多様な思想が花を開いた時期。現在から見ると、こうした多様性がどうして太平洋戦争のような逼塞した社会へと転落の道を歩むことになってしまったのかと思うが、それは次号のお楽しみ。戦争直前期ということで現在と比較する批評もあるが、明治期から続く時代と捉えると、状況は現在と大きく異なる。こうした多様性、批評性のなさこそが現代日本独自の問題点と言えるかもしれない。

  • 20世紀初頭の日本のデモクラシーは、日露戦争の熱狂性を背景に持ち、「帝国」の構造に規定されたナショナリズムと結合して現れてきている。対内的な姿勢と対外的な要求、政府批判とアジアの人々への姿勢に落差を有する「帝国」のデモクラシーであった。(P10)
  • 大正デモクラシー期の前半の思想的な主調音は「民本主義」である。(P27)
  • 民本主義・・・は、内政的には自由主義を主張しているが、それが国権主義と結びつき、対外的には植民地領有や膨張主義などを容認・・・こうした点から、民本主義は一国デモクラシーといいうる。(P36)
  • 文明や近代的制度を持ち込みつつ、現地の人びとから収奪を行っていくことが、植民地支配の主要な局面をなす。(P50)
  • 選挙権の付与により人びとを「国民」として自覚させ、主体的に国家との一体化を促し、それに従わないものを排除する。統合(普選)と排除(治安維持法)により選別的に「国民化」を図る。こうした、いわば1925年体制は、帝国の政策に批判的な人びとに対し、参加し妥協しながら部分的な批判をするか、排除されながら全面的・原理的な批判をするかという難しい選択をせまることになる。(P199)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »