« 植民地建築紀行 | トップページ | 公営・URにおける外国人居住問題 »

2011年12月26日 (月)

水都・大垣と桑名・六華苑

 妻と二人の日帰り旅行で、大垣と桑名の六華苑に行ってきました。大垣・水門川の景観と、そして大垣城に寄りました。
 大垣水門川、船町港跡前の広場では、「奥の細道むすびの地記念館」の整備中でした。平成24年春開館予定だそうです。市街はクルマで回りましたが、旧美濃路にある和菓子店「つちや」の外観はなかなかのものでした。また、大垣城は昭和34年に復元されていますが、今年春に再度復元改修を行ったそうです。
 大垣をぐるりと回った後は、小一時間かけて南下。春に桑名に行った時にはもう閉館していた六華苑に行きました。2度目ですが、伸びやかさが気持ちいいですね。帰りには「なばなの里」のイルミネーションを楽しみました。
 以下、撮影した写真を掲載しておきます。

●工事中の新「奥の細道むすびの地記念館」
Dsc01613

●水門川と船町港跡
Dsc01615

●水門川沿いの商家
Dsc01618

●水門川・四季の広場
Dsc01623

●御菓子・つちや
Dsc01624

●大垣城
Dsc01626

●大垣城東門
Dsc01627

●六華苑
Dsc01631

●なばなの里のイルミネーション「日本の四季」
Dsc01642

|

« 植民地建築紀行 | トップページ | 公営・URにおける外国人居住問題 »

まちなみ・あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533157/43512702

この記事へのトラックバック一覧です: 水都・大垣と桑名・六華苑:

« 植民地建築紀行 | トップページ | 公営・URにおける外国人居住問題 »