« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

被災地を歩きながら考えたこと

 建築評論家の東北大学教授・五十嵐太郎の震災後初めて出版されたエッセイ集である。建築界では有名になった耐震改修後にも関わらず損傷した研究棟には筆者の研究室も入っていたそうである。震災当日は横浜のトークイベントに参加中で身体的な被害はなかったが、研究室が被災したという点では被災者でもある。
 交通事情がある程度回復した以後、大学からの招集があり、それを契機に被災地各地を回って歩く。北は八戸から南は舞浜まで。本書はこうした活動の中で見たもの、感じたこと、考えたことなどを様々なメディアに求められるまま書き残してきたエッセイをまとめたものである。
 全体を大きく、1.破壊、2.文化、3.記憶、4.構築、5.情報、6.萌芽の6章に分けている。初出一覧を見ると、だいたい発表した順番に並んでいる。すなわち初期にはまさに目に見える破壊そのものに驚き、破壊そのものを考える。ついで建物の中に収蔵されていた書物や収蔵品、歴史などの目に見えない文化が被災したことを思う。そしてこの震災の記憶をいかに継承していくかを考える。
 女川町で横倒しになったRC造のビル4棟は震災の記憶として保存されることになりそうだ。この章では内田樹の「原発は神殿である」という言説を取り上げ、筆者の卒業設計を思い出し、この説を補強する。
 4章「構築」では、五十嵐研究室で取り組んだ仮設住宅地における集会所づくりを紹介し、復興を考える。5章「情報」はアートや建築展、建築系メディアの状況など、そして最後に被災地の今後を考える。
 まだ最終的な方向性が見えている訳ではいない。まさに考え中。一方で震災の記憶は次第に風化し、新しい景観が出現している。この震災で建築家が受けた衝撃は小さくない。先に読んだ伊東豊雄の活動も取り上げられているが、「みんなの家」プロジェクトは2012年のヴェネチア・ビエンナーレの日本館コミッショナーに決まった。それは伊東豊雄が世界的建築家の評価を捨て去って、プリミティブな木造建築からスタートしようとするものだ。建築そのものがいまあらためて問いなおされている。


●東京に来ると、多くの人がみずから巻き込まれた被災者として放射線量の話題ばかりに集中しているが、仙台あるいは東北の被災地を訪れると、それどころではない。むろん、原発事故は世界史的に考えると重要だが、こればかりが強調されると、日本において戦後最悪の死者・行方不明者を出した自然被害が相対的に小さく報道される。(P44)

●固定した箱がなくても教育は可能か。いや、原点に立ち返り、人さえいれば、そして空間を読みかえれば、どこでもゼミはできる。・・・食堂、住宅、オフィスを教室にリノベーションすること。・・・使用者の立場から機能を付与することができる。そうした具体的な実践も、非常時においてどう考えるかという一種の建築教育になっていたと思う。(P92)

●横浜の山下公園が関東大震災の瓦礫を埋め立ててつくられたことはもはや空間の体験からは感じられない。・・・どんな復興計画をたてるにせよ、震災と津波の記憶がどのように残るかは重要なテーマである。一度きりではない。これまでもそうだったように、将来も同じ災害が必ず反復して起きるからだ。(P108)

●原始の小屋に戻ることはただの退行ではない。建築の更新を促すことでもある。被災したのは、物理的な建築だけではない。建築のコンセプトそのものが傷ついた。だからこそ、いったん建築家の近代的なエゴを捨て、いまここから建築は可能か、があらためて問いなおされるのである。(P218)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

限界集落の真実

 「限界集落」という言葉が初めてマスコミで喧伝されたのは2007年のことだったそうだ。自民党が参院選で大敗し、地域間格差問題の象徴として取り上げられた。時に「自然消滅するような地域に税金を投入するのは無駄だ」という議論とともに。
 私としてはそういうイメージはあまりなかったが、その前に出向勤務していた足助町の状況を思い起こし、確かに高齢者ばかりの集落は消滅するのも間近かと思った記憶がある。
 だが筆者の山下氏は、限界集落として消滅した集落は一つもないという。一方でしかし今、まさに危機的な状況が訪れつつあるとも。いったいどういうことか。つまりその意味は、2007年に総務省が公表した消滅集落のほとんどは挙家離村という形で戦略的に撤退しており、高齢者の死とともに消滅した事例はないということだ。
 しかし極端に高齢化が進行した集落も少なくない。そこは消滅しないのかと言えば、それもありうるが、問題は高齢化にあるのではなく少子化だと言う。過疎集落に残る高齢者には多くの場合、集落外の近郊都市に子供世帯が住み、頻繁に子供たちが帰ってくることが多い。彼らが集落に住むようになれば、例え高齢化率の高い集落であっても継続し存続する。
 つまり限界集落は、世代間の地域住み分けの結果であり、これは日本の経済成長に適応するための合理的な居住選択の結果なのだ。
 後半の第4章から第6章まで、筆者がフィールドとしたいくつかの集落の調査結果や集落再生プログラムの事例が紹介されている。それらを読むと確かに限界集落であっても、いやだからこそ、地域を愛する住民によって主体的に集落活性化の取り組みが行われている。都市のコンサルタントや研究者により提供されたプログラムではなく、本当の意味で住民自身の主体的で愛郷心に満ちた取組が。
 発想点は「暮らし」である。経済や雇用が与えられるのを待つのではなく、自ら望む「暮らし」を手に入れるということ。そのためにはまず家族を第一に考えてみる。多くの場合その家族は集落に留まらず周辺に拡大して居住する。同様に集落も集落外に多くの集落構成員がいる。そうした家族や集落が中心となって、「暮らし」の安定を考える。
 筆者の問題意識は限界集落に留まらない。いや、集落こそ日本の問題を解決するための中心と考える。中心と周辺を取り出し、「周辺からは中心が見えるが、中心からは周辺が見えていない」と指摘する。そして周辺が見えない中心が、勝手な思い込みで周辺を裁き、破壊をする。それが市町村合併であり、コミュニティの崩壊である。「むら」こそ社会的主体の源泉であり、限界集落問題は主体喪失の危機である。
 周辺から考えること。集落の生きる力を中心に据えること。それこそが現在の日本の求められている唯一の解決策である。本書の最後の小見出しは「周辺発の日本社会論へ」。本書は単なる「限界集落」に関する本ではなく、日本の現代社会論でもある。非常に意欲的で興味深い本である。

●過疎問題の問題性はつねに、そこに生活している人々の現実とは無関係な場所から提起されてきた。そして今回の限界集落問題も、そうした外からの(外発的な)つくられた問題としての側面を強く持っているのである。(P35)

●地域の将来を決めるのは、他人ではなく、本人自らであるべきだ。個人に置き換えればすぐに分かる。「あなたが生きているのは世間にとって無駄なので、早いうちに亡くなってはいかがですか」。/「効率性の悪い地域は消えた方がよい」という議論は一見合理的に見えるが、いわば右のような発言と同じことを、ある特定の地域に対して言っているのである。(P138)

●過疎問題は特定の地域が頑張らなかったから落ち込んだという話ではない。日本社会が一体化していく過程で出てくる、大きな変化のうちに生じた現象である。・・・もともと状況変化に対する適応なのだから、崩壊には至らないはずだ。・・・そして実際に、過疎地域の家族構造や村落構造をのぞいてみるならば、そこには必ず人の回帰が仕組まれている。(P209)

●中心の側からは周辺が見えない。これに対し、周辺はすべてを見通している。沢田の住民は、最奥の位置にあって、相馬の中心市街地も、弘前も、あるいは先代も東京も、みんな見えている。ところが、相馬の人ですら、この沢田に行ったことがないという人もいる。中心は周辺を知らない。(P263)

●都市システムは、巨大化しすぎて個人の手が届くものではなくなっており、予想を越えたことが生じた場合には、個人を守るどころか、さらに個人に犠牲を強いるようなものでさえある。・・・これに対し、小さな地域社会(むら、町、小都市)ではまだ、生活システムは個人のコントロールの範囲の中にある。数人の力で人を動かし、社会を変えうる。このこともいま、震災の被災地で実証されつつあることだろう。(P276)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

愛知県営住宅めぐり-最も新しい住宅と最も古い住宅

 愛知県には約300団地、6万戸の県営住宅がある。このうち名古屋市内にあるいくつかの住宅を見て回った。
Nec_0009 最初は県営紅梅住宅。この3月に竣工し、4月から入居開始をした5・6階建て32戸の新築住宅だ。環境共生に配慮し、屋上緑化や雨水貯留槽の設置、駐車場の緑化等を行っている。また、1階の一角には集会所が整備され、その前面にはウッドデッキが設置されており、こぢんまりとしているが、明るく魅力的な住宅だ。
 ここには以前、昭和25年竣工、RC造4階建ての住宅が建設されていた。昭和25年と言えば公営住宅法が施行された年で、愛知県営住宅のうち最古の住宅だった。従前の住宅を見たことがあるが、豊かな木々に囲まれた年季の入った建物は、景観的にも周囲に溶け込んだ感じがした。
 だが、いざ建替となると、周辺住民から「県営住宅の住民が高齢化しており、今までは落ち葉清掃などを地域で協力してやってきたが、建て替えるのならば地域住民に迷惑がかからないよう、樹木の伐採等をお願いしたい」という要望が寄せられた。このため、建替後はかなり樹木を間引いたが、それでも敷地のコーナーには従前からあった桜などが残されている。
Nec_0018 紅梅住宅に続いて雁道住宅を見に行く。昭和26年竣工で、紅梅住宅が建て替えられたので、今はこちらが愛知県営で最古の住宅だ。RC造4階建て48戸。中庭を囲んで24戸ずつ2棟が並んでいる。庭にはブロック造りの各戸収納庫が並ぶ。住戸前に伸びるシュロの木が目を惹く。住戸南面に人研ぎの洗面台が据え付けられている。
 雁道住宅は敷地の関係で建替えもままならず、当面は存続する予定だが、新規募集は停止し、耐用年数経過後は除却予定となっている。
 二つの住宅を続けて見学し、愛知県営最古と最新の住宅だということに気付いた。続いて建替や改修工事等を予定している住宅をいくつか見学したので紹介したい。
 まず南区の三吉住宅。昭和53年竣工の4階建て2棟115戸の住宅で、近々エレベーター設置工事を行う予定となっている。シンプルな機能主義的デザインはこの当時の流行か。
Nec_0025
 続いて港区の千年住宅。こちらは平成8年に3K住戸に1室増築する工事を行っている。昭和50年代末から平成7年頃にかけて、こうした工事が行われてきたが、元の住宅は昭和30~40年代に建設されており、そろそろ建替え時期を迎えている。
Nec_0027
 途中で名古屋市営宝生荘に寄る。外付けPCフレームによる耐震改修が行われている。フレーム設置により陽当たりが懸念されるが、バルコニーは改修の結果広くなっており、住民からの苦情はほとんどなかったと聞いている。
Nec_0026
 続いて中川区の万場東住宅。2つの住棟をL字型につないでいる。当然、一つは南北軸。昭和54年建設だが、当時の住宅には南北軸に配置した住棟が多い。少しでも多くの戸数を建設したいという要求があったのだろうか。
Nec_0037
Nec_0045 続いて中川住宅に向かう。こちらは昭和47年から50年にかけて建設された住宅で3街区7棟に分けて、全947戸が並ぶ大規模団地だ。中でも北東角にある2棟はツインコリダー形式で、中庭は自転車置場等になっている。ツインコリダー棟の西には南北軸住棟、さらに南側に南面住棟があって、広いオープンスペースを囲んでいる。また別の街区にはL字型2棟で四角に囲んだものや、鋭角L字住棟を2棟並べた街区もあり、バラエティに富んでいる。この結果、伸び伸びとしたオープンスペースと変化のある景観が見られる。
 ツインコリダーと言えば、2対のツインコリダーを北側だけ斜めにつないで「介」の字状になった高御堂住宅(一宮市)もあり、またスターハウス型の住棟も平針住宅(天白区)や松ヶ丘住宅(瀬戸市)などに残っている。
Nec_0041
 愛知県営住宅は、バリアフリーの観点から昭和40年代に建設された中層階段室型住棟が並ぶ団地を優先的に、順次建替えが進められている。ツインコリダー型はエレベーターも設置された高層住棟が多いが、スターハウス型は中層階段室型なので、いつまでこのままの形で残るかは定かでない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

建築の大転換

 建築家・伊東豊雄と思想家・中沢新一の対談集。2009年7月の青山ブックセンターでの対談。2011年2月の伊東豊雄設計事務所設立40周年パーティでの対談。2011年3月の伊東建築塾プレイベントでの藤森照信も加えた鼎談。そして2011年7月の伊東建築塾での中沢氏の特別講座。10月の伊東豊雄事務所での対談と1988年に書かれた中沢氏の「建築のエチカ」が掲載されている。
 主要テーマは、建築と自然。建築家が論理や知性で作りだす建築から、自然的な力が作りだす建築に向けて、伊東豊雄の建築思想と中沢新一のチベット仏教思想が共鳴する。「建築のエチカ」については、チベット仏教の宗教教義の説明が独走し、理解できない面もあるが、中沢氏の「自然の贈与」を中心に据える思想は大震災後の日本で大きな説得力を持つ。
 伊東豊雄を始めとする著名建築家の被災地での活動には必ずしも共感しないことが多いが、建築家自身が今被災地で民の力を学んでいるのだと思う。伊東豊雄の作る「みんなの家」プロジェクトが何の変哲もない木造建築であるという点には可能性がある。「建築家はネゴシエーターである」(P33)というのは至言。そもそも民衆の建築に建築家が必要なのか。震災は建築家の職能について問いかけている。そこに気がつくのは伊東豊雄らしいのかもしれない。「建築の大転換」とはまさにこのことを示している。

●建築家は本来、建物に住む人とその周りの社会のネゴシエーターであり、そしてまた、自然と人間が生活する世界のネゴシエーターであるはずでした。それが弱化していたのが近代であり、被災地では、その機能を取り戻す試みをしているようにも思えます。(P35)

●人間による設計やデザインとは別の原理にしたがって、東京という都市の基本構造が決定されていることが見えてきました。・・・では「誰が、何がこれを決定しているのか」と考えていくと、それは人間による設計の外側の自然が決めているんですね。自然の理法のようなものが、人間のつくりだすものの中に浸透しているんです。最終的な決定をしているのは自然なんだ、という実感を得ました。(P42)

●人間がつくりだすいろいろなもののなかに、フィシス、自然的なものの力を組み込んでいくことが、いろんなジャンルで行われなければいけないと思っているんです。いちばんそれが必要なのは、経済の領域です。・・・思想もそうです。(P82)

●第一種交換は国家、キアスム構造をもった第二種交換は、地域・地方と見ることもできると思います。第一種交換構造に駆り立てられた国家は、自然の贈与に従ってゆるやかに動いている地方あるいは地域の生活を従属させ、無視することさえしばしばだというのが、近代以降の日本の状態です。(P231)

●建物を建てるために無神経に森や土地を切りくずし、均質に地ならしをして、自然を圧倒し、抑圧してしまうのではなく、自然の方が精妙な必然性を持って選び出した大地を借りて、さまざまな好ましい諸力が結集した時空で建築を行わなければならない、と考えられたわけだ。ここには人間の精神活動も自然のプロセスの一部であるとする考え方が反映されている。(P240)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »